永平寺は、1244年に道元禅師によって開かれた禅の修行道場です。
福井市から東へ10キロ、山深い場所に位置し、周囲の自然にぴたりと溶け込むように佇んでいます。その自然と調和した永平寺の存在は多くの人々を魅了し、禅の教えの何たるかを無言のうちに教えてくれています。
永平寺の特筆すべき点は、常に200名近い僧侶が起居を共にして禅の修行を行っている様子を一般の参拝者が垣間見ることができる世界的にも稀な修行道場であることです。
永平寺には、大小合わせて70数棟の建物がありますが、七堂伽藍と呼ばれる修行の中心となる7つの建物を中心にご覧ください。建物の構造、仏像、欄間彫刻、絵画、額など、建築や美術に興味のある方には必見です。
また、予め希望をすれば、坐禅の体験修行やユネスコ世界無形文化遺産に登録された日本の食文化を代表する精進料理を頂くこともできます。