丸岡城

丸岡城は、現存する日本最古の城のひとつとして知られている。霞ヶ城とも呼ばれる丸岡城の歴史は1576年までさかのぼり、なだらかな丘の上に堂々とそびえ立ち、周囲の田園風景を一望できる。

城の敷地に近づくと、丸岡城の建築の特徴である堂々とした塀と伝統的な木造建築が訪問者を出迎える。大天守閣は聳え立ち、細部まで精巧に造られており、かつて武士がこの地を歩いた封建時代にタイムスリップしたかのようだ。

城内では、かつて丸岡城を居城とした武士や家族の日常生活を思い描くことができる。

天守閣に登れば、田んぼや趣のある集落が点在する福井県の緑豊かな風景を一望できる。周囲の堀や石垣からは、全盛期の丸岡城の戦略的重要性を垣間見ることができる。

丸岡城では年間を通して、豊かな歴史と文化遺産を祝う文化イベントやお祭りが開催されている。伝統的な儀式や季節の祭典に参加することで、城の歴史を肌で感じることができる。

丸岡城とその敷地内では、何世紀にもわたって受け継がれてきた歴史と伝統の深い感覚を発見することができる。

 

丸岡城

丸岡城