タケフナイフビレッジの歴史は、鍛治屋が良い刀を作るための最良の場所を探して、京都から武生へ来たときである、約700年前にさかのぼります。良好な水源を見つけた後、武生(現越前市)に定住し、剣の生産を開始しました。その後、彼は鎌や包丁へと生産を拡大しました。

伝説によれば、彼が木製の犬の人形を彫刻し、それを井戸に投げ込むことであり、人を殺すために使用されることよりむしろ、人々を守るために使われることを望んていたとのことです。

剣を作るためのスキルや技術は、鎌やナイフを作るために世代を超えて受け継がれてきました。タケフナイフは世界最高の鍛造ナイフの一つとして高い評価を得ています。

タケフナイフビレッジ協会は10人のメンバーで1991年に結成されました。彼らは工場で働くことにより、さらに自分のスキルを磨くことを目的としました。各メンバーは、国の職人としての資格を持っており、専門性を持っています。それらの鍛造及び技術は、完全な製造プロセスと共に、近くで観察することができます。

また、特別価格で優れたナイフを購入することができます。

 

〒915-0031 福井県越前市余川町22−91 

電話:0778-27-7120

営業時間:9:00-17:00 (月曜~日曜)